大塚商会、情報共有ASPサービス「アルファオフィス」の機能を拡張

エースラッシュ 2006年01月19日 18時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大塚商会は1月19日、企業向け情報共有ASPサービス「アルファオフィス」の機能を拡張すると発表した。

 アルファオフィスはグループウェアとドキュメント管理を統合したASPサービスだ。ポータル画面から掲示板、予定表、文書管理などの各種機能を利用できる。

 今回拡張される機能は、アルファオフィスのワークフローオプションだ。追加される機能の多くはユーザーからの声を反映したものだという。強化された主な機能は9つあり、電子承認申請時の承認依頼や最終決裁時のメール通知、申請データのPDFデータ表示・保存、未処理の申請の詳細をポータル画面に表示、1経路に複数人の承認者を設置といったことが可能になっている。

 提供価格はアルファオフィス10ユーザー利用時で月額1000円。サービス開始は4月から予定されており、売上目標は年間200社契約としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?