広島大学とマイクロソフト、4月よりアクセシビリティリーダー育成カリキュラムを開始

CNET Japan Staff 2006年01月20日 10時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 広島大学とマイクロソフトは1月20日、2004年10月に発表された協力関係を強化し、アクセシビリティリーダー育成に向けたカリキュラムを4月から開始すると発表した。

 この育成カリキュラムは、大学院生を含めた全学の学生1万5000人を対象に体系的に編成されたもの。育成カリキュラムを構成する授業は、通常の大学の授業と同様に扱われ、学生は単位を取得できる。講義は半期で2単位、実習は1年で2単位。

 広島大学は、ユニバーサルデザインを社会全体に展開することを可能にする指導者の育成を試みており、アクセシビリティに関するオンライン講座、授業(概論、実習、研究)を用意、アクセシビリティリーダー認定試験を実施する。

 マイクロソフトは、同社の技術や情報を提供するなどの面で協力する。また、このカリキュラムを修了した学生が、アクセシビリティリーダーとして社会で活躍するための研修によってこのカリキュラムを支援する。

 このカリキュラムは5段階のレベルから構成されている。レベル4の修了者は、広島大学によるアクセシビリティリーダーの認定試験を受けることができ、認定者の中でさらに意欲のある学生は、「社会を知る」「最新の技術動向を知る」「未来を考える」をテーマに、マイクロソフト提供する集中研修「マイクロソフト アクセシビリティ リーダー サマーキャンプ」に参加できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR