キャッツ、EDAツール「XModelink SystemC Debugger」Eclipse対応版を出荷

ニューズフロント 2006年01月20日 15時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 組み込み系開発ツールのキャッツは1月20日、電子設計自動化(EDA)ツール「XModelink SystemC Debugger」をオープンソースのソフト開発環境Eclipseに対応させ、4月に出荷開始すると発表した。Eclipse対応版の税込み価格は、1ライセンス当たり102万9000円の予定。

 XModelink SystemC Debuggerの対応プラットフォームは、これまでWindowsに限られていた。今回Eclipseに対応したことで、Linuxなどでも利用できるようになった。さらに、構造図エントリー/コード自動生成ツール「XModelink SoC Modeler」と同一プラットフォーム上で強く連携することから、「より効率化された開発が可能になる」(同社)としている。

 同社では、初年度100ライセンスの販売を見込んでいる。また、1月26日から27日にパシフィコ横浜で開催されるEDSFair2006に、Eclipse対応版のベータ版を出展する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから