IPA、2006年度上期のソフトウェア開発支援事業の公募を開始

CNET Japan Staff 2006年01月20日 20時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は1月20日、2006年度予算の成立を前提として、2006年度上期のソフトウェア開発支援事業の公募を、2006年1月27日より開始すると発表した。

 公募対象事業は、「オープンソースソフトウェア活用基盤整備」「次世代ソフトウェア開発」「中小ITベンチャー支援」「未踏ソフトウェア創造」など。公募期間は、1月27日から3月31日まで。

 1月30日の仙台会場を皮切りに、札幌、東京、名古屋、大阪、広島、松山、福岡、那覇の全国9カ所で公募説明会を開催する。東京会場では2回開催される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!