SAS、フォーチュン誌の「最も働きがいのある会社ベスト100」に9年連続で選出

CNET Japan Staff 2006年01月20日 20時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAS Instituteは1月11日、フォーチュン誌が毎年発表する「最も働きがいのある会社ベスト100(100 Best Companies to Work For)」に9年連続で選出されたことを発表した。

 今回のランキングでSASは、「子育て支援(child care)」の部門で1位。事業所にある託児所の費用が1カ月あたり300ドルで、対象企業中最低料金だった。「医療保険(health care)」と「仕事と私生活のバランス(work-life balance)」の部門のランキングでも選出されている。

 なお、過去9回のランクイン中、SASは10位以内に6回入っているが、今回は30位。それでもソフトウェア企業としては最も高い順位で、IT関連ではQualcommが23位、Cisco Systemsが25位、Network Applianceが27位と、ハードウェア企画・製造業が上位となっている。ソフトウェアでは、Microsoftが42位でIntuitが43位。日本になじみやすい企業文化を持ち、日本法人従業員の満足度が高いと言われているIntelは97位にランクインした。

 評価対象は466社。Great Place to Work Institute(働きがいのある会社研究所)によって編纂された。ランキングでは、各企業の戦略と文化の評価、そして従業員の意見の2点が基準とされ、信頼性(従業員とのコミュニケーション)、従業員の尊重(機会と福利厚生)、公正さ(報酬、多様性)、プライド/仲間意識(社会貢献など)の4分野について採点されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?