テスト自動化ツール「Agitator」の拡販を目指し、アジターソフトウェアが日本法人を設立

柴田克己(編集部) 2006年01月23日 16時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Javaプログラミングにおける開発者テストの自動化ツールである「Agitator」を提供するAgitar Softwareは、日本法人となるアジターソフトウェアジャパンを設立したと発表した。

 米国カリフォルニア州マウンテンビューに本拠を置く同社は、Java言語開発チームに所属したAlberto Savoia氏とRonngko Doong氏が2002年に設立した。Agitatorのほか、同製品と組み合わせることでテストの進ちょく管理やレポート作成を可能にする「Agitar Management Dashboard」を提供している。設立当初より、“Javaの生みの親”とも呼ばれるJames Gosling氏をテクニカルアドバイザリーボードに迎え、2004年からはエクストリーム・プログラミングおよびオープンソースのテスティングフレームワークである「JUnit」の開発者として知られるKent Beck氏が参加したことでも注目を集めている企業だ。

 Agitatorは、Eclipseをはじめ、IBM Rational Software Development Platform、IntelliJ、JBuilderといった統合開発環境(IDE)のプラグインとして動作する。最大の特徴は、バイトコードの解析結果から、自動的に必要とされるテストデータを設定し、各メソッドを呼び出してテストを実行できる点だ。開発者テストによってソフトウェア品質の向上を図ろうとする場合には、従来ならば、本来のコードを上回る量のテストコードを手作業で生成する必要があり、開発者にとって大きな負荷となっていた。Agitatorの導入により、こうしたテスト作業の大幅な効率化が可能になるという。

 来日したAgitar SoftwareのCEOであるJerry Rudisin氏は、「開発初期の段階から開発者テストを継続的に行うことで、バグの除去に必要なコストが削減され、迅速かつ高品質なソフトウェア開発が可能になる。実際に多くの導入企業で、われわれの提供するソリューションの有用性が認めてられている」と述べ、開発者テストツール市場のリーダーとしての自信を見せた。

アジターソフトウェアジャパンの代表取締役社長に就任した津吹辰彦氏

 アジターソフトウェアジャパンの社長に就任した津吹辰彦氏は、ラショナル・ソフトウェアの大手企業向け営業責任者やUML教育研究所の代表などを歴任し、ソフトウェア開発に関わる品質・生産性の向上といった分野で多くの経験を持つ人物。日本においては、2004年以降、イーシー・ワンテンアートニなどが代理店となってAgitatorおよびAgitar Management Dashboardの販売を行っている。津吹氏は「日本法人の設立によって、今後はより詳細な情報提供やきめの細かいサポートが可能になる。今後は間接販売と直販の両方を展開し、現在25社の日本のユーザー数を、今年度中に100社にまで伸ばしていきたい」と目標を語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから