日本ストラタス、デュアルコアXeon搭載の2ウェイ無停止サーバを発売

ニューズフロント 2006年01月23日 20時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ストラタステクノロジーは1月23日、デュアルコア版Intel Xeonプロセッサを2個搭載するフォールトトレラント無停止サーバ「ftServer Wシリーズ5700システム」の販売を1月24日に開始すると発表した。価格は598万円。

 動作周波数2.8GHzのデュアルコア版Xeonを2個搭載したことで、既存のEM64対応Intel Xeonベースの2ウェイモデルに比べ処理速度を最大60%高速化した。対応OSはMicrosoft Windows Server 2003 エンタープライズ版となっており、市販のWindowsアプリケーションをそのまま導入できる。

 内蔵ハードディスクにはエンタープライズシリアルATA(74Gバイト/1万rpm回転または400Gバイト/7400rpm)を採用し、内蔵ハードディスクで1.2Gバイトのミラー構成が可能。障害発生時に動作を停止しないほか、処理ユニットは動作中に交換できる。メモリなどの冗長化により、99.999%以上の連続可用性を実現する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!