特集:「Oracle OpenWorld Tokyo 2006」プレビュー

編集部 2006年01月27日 15時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[特集] 日本オラクルは、2006年3月1日〜3日の3日間、東京国際フォーラムにおいて「Oracle OpenWorld Tokyo 2006」(OOW 2006)を開催する。今回のテーマは、「TURNAROUND JAPAN 〜事業再生とITの役割〜」。オラクルの最新テクノロジーおよびソリューションのすべてが公開される。そこでOOW 2006の開催までの期間、その見どころについて紹介する。

日本オラクルのシステム事業の現状と今後の展開、そして2006年3月に開催される「OOW 2006」に向けた取り組みについて、執行役員 システム事業統括 システム事業推進本部長である三澤智光氏に話を聞いた。
2006年1月30日

日本オラクルは、3年ぶりとなるイベント「Oracle OpenWorld Tokyo 2006」を今年3月に開催する。「OOW 2006の開催は、オラクルにとってひとつのゴールであり、新たなスタートでもある」と日本オラクルの新宅社長は話している。
2006年1月26日

日本オラクルは、2006年3月1日〜3日の3日間、東京国際フォーラムにおいて「Oracle OpenWorld Tokyo 2006」を開催する。
2006年1月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?