日本BEAや日本IBMなど7社、開発言語に依存しないSOA対応アプリ開発仕様を策定へ

山下竜大(編集部) 2006年01月23日 22時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本BEAシステムズ、日本アイ・ビー・エム(日本IBM)、日本アイオナテクノロジーズ、日本オラクル、SAPジャパン、サイベース、ゼンド・ジャパンの7社は1月23日、次世代SOA(サービス指向アーキテクチャ)アプリケーションのためのオープン仕様に関するプレス向けの説明会を開催した。

 この仕様は、今回の説明会に登場した7社の米国本社に、Siebel Systems、Xcaliaの2社を加えた9社が、2005年11月30日に米国で発表したもの。SOAの原則に基づくコンポーネントやソリューションを、JavaやC++、PHPなどの開発言語に依存することなく実現できる仕様の策定を目的とした取り組みを展開する。

 具体的な取り組みとしては、業界からの意見を取り込みながら、SCA(サービス・コンポーネント・アーキテクチャ)の仕様開発を継続すると共に、SDO(サービス・データ・オブジェクト)の標準化を推進。開発者に、C++やJavaによるプログラミングモデルをサポートする実行環境を早期に提供することを目指している。

 SCAおよびSDOは、ビジネスロジックやデータの表現を簡略化するために設計された新しいテクノロジー。SCAは、言語に中立なアセンブリーモデルで、ビジネスサービスの開発や組み立てを簡略化することが可能なアーキテクチャ。JavaやWSDL、C++、PHPなど、複数の言語でのサービス組み立てをサポートし、Webサービス、JCA、JMSなど、さまざまな実行環境におけるアクセスサービスを可能にする。

 一方、SDOは、データソースに依存しない共通の表現方法を開発者に提供する共通仕様。サービスの開発やデータアクセスの手法を簡略化し、サービスとデータに関するプログラミングを容易にすることができる。

 このような取り組みが7社(米国では9社)により開始された背景としては、これまでのWebサービス仕様だけでは、SOA実現に必要な機能が足りなかったことが挙げられる。たとえばSOA環境では、JavaやC++、PHPなど、さまざまな言語で開発されたアプリケーションを、最小限のカスタマイズで再利用し、組み合わせることが必要になるが、これまで言語に中立な呼び出し技術(API)は存在していなかった。

 SCAおよびSDOに関しては、現在バージョン0.9が各社の米国ウェブサイトで公開されており、近日中にバージョン1.0がリリースされる予定となっている。今後は、さまざまな開発コミュニティや業界団体などからのフィードバックを反映することで、ライセンスフリーの国際標準として幅広く活用されることが想定されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR