東京エレクトロン、SenSageのログ長期保存/分析ツールを販売開始

CNET Japan Staff 2006年01月24日 17時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京エレクトロンは1月23日、SenSageと総代理店契約を締結し、同社の製品である「SenSage Enterprise Security Analytics」の国内販売を同日より開始すると発表した。

 同製品は、イベントログの収集/圧縮とその分析を行うためのツール。OS、アプリケーション、ネットワークセキュリティ機器などから出力されるテラバイト単位の大容量ログデータであっても、ストレージコストを抑えながら保管することができ、高速な検索/精度の高い分析が可能になる。

 価格は最小構成で1062万円。24時間保守も含めた保守サポートメニューが用意されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?