コバレント、オープンソースのJavaアプリサーバ「Apache Geronimo」をサポート開始

文:Martin LaMonica(CNET News.com)
翻訳校正:尾本香里(編集部) 2006年01月25日 14時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Covalentは米国時間24日、最近リリースされたばかりのオープンソースJavaアプリケーションサーバソフトウェアであるApache Geronimoのサポートを開始したと発表した。

 Covalentは、企業のウェブサーバ上で動くオープンソースサーバソフトウェアをサブスクリプション形式で提供する。Covalentのツールは、「Apache」ウェブサーバのほかに、「Tomcat」アプリケーションサーバと、Webサービスを実現する「Apache Axis」を管理するためのものだ。

 Covalentの最高経営責任者(CEO)Mark Brewerは、サポート範囲を広げてApache Geronimoを含める決定を下した理由について、企業顧客からの要望に応じるためだと述べた。同社は現在、400社ほどの顧客を抱えている。

 「企業は、ずっと長い間、クローズドソースのアプリケーションサーバから脱却する方法を探してきた。われわれは、たくさんの企業が(BEA Systemsの)『Weblogic』、あるいは(IBMの)『WebSphere』からTomcatに移行するのを目の当たりにしてきた」と語った。

 1月に入って最初のバージョンがリリースされたApache Geronimoは、JBossとObjectWebコンソーシアムのものを含めて、現在市場に出回っている数少ないオープンソースのJavaアプリケーションサーバソフトウェアだ。Sunも「GlassFish」と呼ばれるアプリケーションサーバソフトウェアを現在開発中だ。

 IBMは2005年、Apache Geronimoに対するサポート事業を展開してきた新興企業Gluecodeを買収した。だが、Brewerは、企業顧客に対して完全なサポートを提供している企業はほとんど存在しないと語る。

 CovalentはVirtuas Open Source Solutionsと提携関係にある。Virtuasは、Geronimoプロジェクトに参画している開発者を抱えるほか、オープンソースに関するコンサルティングを展開している。Brewerによると、VirtuasはCovalentとの提携において、バグやその他の複雑な問題を担当するという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!