サイベース、「RFID Anywhere 2.0」ソリューションをSAPに対応

CNET Japan Staff 2006年01月26日 10時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイベースは1月23日、「RFID Anywhere 2.0」ソリューションとSAPの「AII(Auto-ID Infrastructure)」との統合を発表した。

 RFID Anywhere 2.0は、RFIDネットワークを構成、監視、プロビジョニングするための管理機能を備えている。SAP Auto-ID Infrastructureは、通信の自動化機能と機器(RFIDリーダー/プリンタ、Bluetooth 対応機器、組み込みシステム、バーコードなど)検知機能との統合に必要な機能が用意されており、Savant技術などの制御機能も組み込まれている。

 今回の発表は、RFIDデータをSAPのエンタープライズアプリケーションに直接統合することを可能にするもの。SAPユーザーは、自社が収集したデータのアクセスや管理だけでなく、Sybaseが対応するさまざまな RFIDリーダー/プリンタ(EPCおよびISO規格対応を含む)、バーコードスキャナ、センサ(温度センサを含む)、PLC(programmable logic controller)を統合し、管理することが可能になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!