オラクル製ソフトにパッチ未公開の脆弱性--英研究者が明らかに

2006年01月27日 15時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュリティ研究者のDavid Litchfieldは米国時間1月25日、Oracleのソフトウェアにパッチ未公開の脆弱性が存在するとして、その情報を一部公開した。この脆弱性は、「Oracle Internet Application Server」「Oracle Application Server」「Oracle HTTP Server」内のコンーポーネントである「PLSQL Gateway」に存在すると、同氏はメーリングリスト「BugTraq」に宛てた電子メールのなかで述べている。英国に本拠を置くNext Generation Security Softwareの共同創立者でもあるLitchfieldは、Oracleに対してもっとも辛らつな批評をする人物でもある。

 Litchfieldの電子メールによると、攻撃者は同脆弱性を利用して、ウェブサーバ経由でデータベースサーバに侵入し、管理者レベルのアクセス権限を手に入れられるという。同氏は、Oracleユーザーが攻撃から身を守れるように、問題に対する回避策を提示している。同氏は同脆弱性について10月26日にOracleに報告している。同氏は、Oracleによる先日の定例パッチリリースに同脆弱性の修正パッチが含まれることを期待していたが、「Oracleは対応しなかった」と述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!