エフ・セキュア、スパム/ウイルス対策ソフトをNTTスマートコネクトに供給

ニューズフロント 2006年01月27日 16時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本エフ・セキュアは1月27日、NTTスマートコネクトの企業向けホスティングサービス「スマートスクウェア」に対し、迷惑メール/ウイルス対策ソフト「F-SecureアンチウィルスLinuxゲートウェイ」を供給すると発表した。

 F-SecureアンチウィルスLinuxゲートウェイは、Linux環境で作動するセキュリティソフト。ゲートウェイとして機能し、高速なウイルス検知や、高い精度のスパムメール認識が可能という。

 NTTスマートコネクトはスマートスクウェアの標準メニューとして、日本エフ・セキュアの迷惑メール/ウイルス対策機能を2月1日より提供する。スマートスクウェアの価格は、初期費用が5250円、月額料金が2100円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから