NEC、ディレクトリ製品「EnterpriseDirectoryServer」の Linux最新版を発売

エースラッシュ 2006年01月27日 17時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは1月27日、LDAP v3に対応したディレクトリ製品「EnterpriseDirectoryServer Linux版 Ver5.0」を発売した。

 EnterpriseDirectoryServer Linux版 Ver5.0は、企業における業務システムやグループウェアなどの利用者認証情報やセキュリティポリシーを統合的に管理することができる。複数システムのID情報を統合する「統合ID管理基盤」をLinuxを用いて実現する製品だ。他のディレクトリ製品との双方向データ連携を容易にするためのデータ連携オプションを備え、既存システムとの連携においてコスト削減が可能だ。

 2つのCSVファイルの差分情報によるディレクトリデータの更新や、一方向暗号化パスワード使用時にもディレクトリ製品へのパスワード連携が可能など、セキュリティ機能が強化されている。また高負荷時の同時処理方式が改善されたことで、従来製品とほぼ同じメモリ使用量で最大約500倍の常時接続が維持できるようになったという。

 価格は55万円からで、月額保守料金は税別で6900円から。オプション製品としてSSLオプション(20万円から)、AD Syncオプション(128万円から)などが用意されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!