マクデータ、10Gbpsダイレクタブレード「Intrepid 6000 XPMブレード」を発表

CNET Japan Staff 2006年01月27日 19時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 McDATA Corporationは1月24日、新しい10Gbpsダイレクタブレード「Intrepid 6000 XPMブレード」を発表した。

 XPMは、Intrepid 10000を通じて10Gbpsダイレクタ接続オプションを提供し、マクデータのIntrepid 10000ダイレクタまたは10Gbpsファイバチャネル対応デバイスと共に使うことで、既存のファイバリソースはそのままに帯域幅を広げることができる。

 また、長距離障害復旧やリモート オフィスへの接続が求められる環境であれば、必要なキャンパス/メトロ接続を最小化し、高いコストメリットを提供できる。Major League Baseball(MLB)などがすでに採用を決めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから