HP、コンテンツ管理ソフト企業VignetteのCEOをソフト事業責任者に

文:Martin LaMonica(CNET News.com)
翻訳校正:河部恭紀(編集部) 2006年01月30日 16時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett-Packard(HP)は米国時間26日、コンテンツ管理ソフト企業VignetteのCEO、Thomas Hoganが2月から同社のソフトウェア事業の責任者に就任すると発表した。Hoganは、HPで企業顧客向け販売を担当するTechnology Solutions Groupのエグゼクティブバイスプレジデント、Ann Livermoreに直属する。

 Livermoreは、「Tomは経験豊かなソフトウェア業界のリーダー的存在で、素晴らしい実績の持ち主だ」と声明で述べ、さらに「(ソフトウェアに関する)深い専門知識を持つ彼は、われわれのソフトウェア事業の責任者として理想的であり、HPにとって強力な戦力補強となる」と付け加えた。Vignetteはコンテンツ管理ソフトを販売している。HPの主力ソフトウェア製品は運用管理ソフト「OpenView」だ。同社は、セキュリティ強化など、OpenViewの機能充実を図るため、これまで、より小規模の企業を多数買収してきた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから