三菱電機、ビジネス向けモバイルノートPCを発売--約996gの軽量モデルも登場

エースラッシュ 2006年01月30日 20時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱電機は1月30日、ビジネス用パソコン「apricotシリーズ」において、2モデルの新モバイルノートPCを1月31日から発売すると発表した。

 今回発売されるのは「apricot AL C」の「軽量モデル」と「標準モデル」の2種類。軽量モデルはマグネシウム合金を採用することにより、高いボディー剛性に加えて約996gの軽量設計を実現している。消費電力については、従来のモデル「AL B2」と比較して約40%省エネ化されており、約7時間駆動(JEITA準拠測定法)が可能になっている。また「PCグリーンラベル制度」の審査基準(2005年度版)に対応するなど、環境負荷の低減にも配慮されている。

 2モデル共通の仕様としては、OSが「Windows XP Professional」、CPUには「インテル Pentium M プロセッサ 超低電圧版 753」を採用。「EASYCRYPT」の標準添付、BIOSユーザー/スーパーバイザパスワード、I/Oロックなども共通となる。HDD容量は軽量モデルが20Gバイト、標準モデルでは40Gバイト/80Gバイト/100Gバイトから選択が可能。希望小売価格は、軽量モデルが税込24万5700円、標準モデルが24万1500円からとなっている。

 三菱電機では、apricotシリーズとして年間6万台を販売目標に掲げている。なお、本製品の製造/販売/保守については三菱電機インフォメーションテクノロジーが担当する。

「apricot AL C」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!