Twin Sunとエーゼット、Linux版次世代電子カルテソフトの国内総販売代理店契約を締結

CNET Japan Staff 2006年02月01日 06時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミラクル・リナックスは1月31日、エーゼットがTwin Sunの電子カルテシステム「MEDEX」の国内総販売代理店契約を締結したことを明らかにした。ミラクル・リナックスは、2005年11月、MEDEXに同社のLinux OSをバンドルしたLinux版電子カルテ「MEDEX on MIRACLE LINUX」シリーズを発表していた。エーゼットは、販売活動をすでに開始している。

 仙台に本社を置くエーゼットは、内視鏡画像ファイリングシステムで国内1200システムの導入実績を持つ。ミラクル・リナックスでは、エーゼットの営業力により、MEDEX on MIRACLE LINUXの拡販を図り、電子カルテ市場におけるLinuxの普及を推進したい考えだ。

 MEDEX on MIRACLE LINUXの国内標準定価は200病床で800万円となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?