NEC、Linux拡張サポートサービスを「Red Hat Enterprise Linux v.4」に拡大

CNET Japan Staff 2006年02月01日 06時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECのソフトウェアビジネスユニットは1月31日、IAサーバ「Express5800シリーズ」とLinux OSやサポートサービスをセットで提供する「Linuxサービスセット」を「Red Hat Enterprise Linux v.4」に拡大したことを発表。24時間対応サービスやダンプからの障害調査を実施するLinux拡張サポートサービスの提供を開始する。

 対応ハードウェアは、Express5800/100シリーズ。今回拡張された対応OSは、「Red Hat Enterprise Linux AS 4」および「Red Hat Enterprise Linux ES 4」の2つ。

 Linux拡張サービスセットの価格は50万円より、月額保守料金は4万1600より。Linux基本サービスセット24時間対応の価格は23万400円より、月額保守料金は1万9200より。Linux拡張サービスセット24時間対応の価格は64万8000より、月額保守料金は5万4000より。月額保守料金は、2年目以降に発生。同日よりサービスを開始する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR