NECフィールディング、5万8500円から利用できる「HDDデータ復旧サービス」

ニューズフロント 2006年02月02日 15時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECフィールディングは2月2日、障害が発生したハードディスク(HDD)からデータを読み出し、正常なHDDに復旧して返却するサービス「HDDデータ復旧サービス」の販売を開始した。HDD以外に、フロッピーディスク、各種光ディスク、磁気テープからのデータ復旧も行う。

 HDDデータ復旧サービスは、論理的または物理的障害によりアクセスできなくなったHDDや各種メディアからデータを取り出し、USBおよびIEEE 1394に対応した外付けHDDに記録して返却する。顧客はこの外付けHDDをPCなどに接続すれば、復旧されたデータを利用できる。

 復旧可能なデータと必要な費用を作業開始前に調査するメニュー(税別価格は2万3000円)を用意しており、調査結果を基にデータ復旧を依頼するかどうか決められる。

 復旧可能なHDDは、MS-DOS、Windows(3.X、95、98、98SE、Me、2000、XP、NT、2003)、Unix、Solaris、Linuxのいずれかで使用していたものとなる。サービス料金は対象メディア、復旧する容量、障害の種類(論理または物理)、作業の難易度によって異なり、論理障害を起こしたHDDの場合5万8500円(復旧容量1Gバイトまで、調査費用と装置配送費を含む)から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR