インフォテリア、「ASTERIA 3 Dr.SumEAアダプター」の販売を開始

CNET Japan Staff 2006年02月03日 12時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インフォテリアは2月2日、自社製品のデータ連携サーバ「ASTERIA(アステリア)」のアドオン製品として、ウイングアークテクノロジーズの多次元高速集計検索エンジン「Dr.SumEA version2.3」とのデータ連携に使う「ASTERIA 3 Dr.SumEAアダプター」の販売を、2006年2月9日より開始すると発表した。

 ASTERIA 3 Dr.SumEAアダプターは、ASTERIAのデータ連携機能とDr.SumEAの多次元集計機能を組み合わせ、効果的なビジネス分析/活用環境を構築するためのツール。たとえば、レガシーシステムやERP、CRMなどからデータを取得し、「Dr.SumEA」で分析することが可能になる。

 価格は、1ライセンス80万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?