日商エレ、アジア太平洋地域の日本企業にもWAN通信高速化装置「SkyX」を提供

ニューズフロント 2006年02月03日 18時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日商エレクトロニクスは2月3日、アジア太平洋地域に拠点を持つ日本企業に対して、パケッティアジャパンのWAN通信高速化装置「SkyXシリーズ」の販売と、導入支援/保守サービスを提供していくと発表した。

 SkyXは、TCPによる通信で発生する遅延、輻輳、再送を解決するためのリアルタイム通信向けプロトコルXpress Trasport Protocol(XTP)に対応しており、日商エレクトロニクス「WANの通信速度を10倍に高速化する」)。日商エレクトロニクスは、2005年6月よりSkyXを国内で販売していた。

 日商エレクトロニクスでは、「(事業の)対象をアジア太平洋地域に広げ、海外拠点の顧客に顧客に直接提供することで、海外での現地調達やサポート調整の労力を削減する」としている。2006年度に5億円の販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?