Java開発環境「NetBeans IDE 5.0」が公開に

文:Martin LaMonica(CNET News.com)
翻訳校正:尾本香里(編集部) 2006年02月03日 19時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソースプロジェクトのNetBeansは米国時間2月1日、Java開発ツールの最新版「NetBeans IDE 5.0」をリリースした。同プロジェクトを支援するSun Microsystemsも同日、サポートプログラムを発表している。

 NetBeans IDE 5.0には、アプリケーションのフロントエンドインターフェースを構築するツールの「Matisse」が追加されている。また、ツールの機能を拡張する「プラグイン」を簡単に構築できるようになっている。

 リリースノートには、この他にも、JBossやBEA Systemsなどが提供するJavaアプリケーションサーバとの連携が強化されていると書かれている。また、開発者間でチャットやファイル共有を容易に実現するコラボレーション機能もビルトインで搭載されている。

 NetBeans IDE 5.0のリリースと同時に、Sunは開発者向けに技術サポートを提供する無償のベータプログラムの立ち上げを発表している。

 NetBeans IDE 5.0は、自社製品を利用するJava開発者コミュニティに対するサポートを強化しようとするSunにとって、重要な意味を持つ。Sunでは、NetBeansのアクティブユーザーの数が、この18カ月で3倍に増えたと述べている。

 SunはNetBeansをベースに構築された開発ツールを提供している。先日発表された「Java Studio Creator 2」などがその一例である。

 Sunは2003年、IBMが立ち上げたオープンソース団体のEclipse Foundationに参加するか否かを検討していた。Eclipseはこの2年の間に、業界の支援や開発者の関心を大いに集める存在となった。Sunは結局、自社NetBeansにフォーカスする戦略をとり、他のソフトウェア企業の支援を得ようと努めている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから