システム・テクノロジー・アイ、Eラーニングサーバでブログオプションを提供

CNET Japan Staff 2006年02月04日 01時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 システム・テクノロジー・アイは2月3日、Eラーニングのためのイントラネット版サーバソフトウェア「iStudy Enterprise Server(iES)」上で、独自開発のブログ技術を使って学習コミュニケーションを促進するオプション機能を、2006年3月中旬より販売開始すると発表した。

 iESは、スキル診断および診断結果に基づいた人材育成計画機能やEラーニング機能を搭載したサーバソフトウェア。今回発表されたオプション製品「iESラーニングブログ・オプション」は、使いやすく、容易にコンテンツを更新できるブログの特徴を生かし、iES導入企業が教育や情報共有におけるコミュニケーションを円滑に行うことが期待できる。

 たとえば、研修コースの受講者が講師と1対1で質疑応答を行ったやりとりをコース受講者内で共有したり、プロジェクトやタスクチーム、部門内で技術情報やFAQを交換/共有したりすることが可能になる。

 価格は40万円。初年度20ライセンスの販売が目標。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!