EMCジャパン、ネクストウェアとストレージソフトウェアで販売提携

CNET Japan Staff 2006年02月04日 02時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EMCジャパンは2月3日、ネクストウェアと同社のバックアップ/リカバリ製品「EMC NetWorker」およびデータアーカイビング向け自動ファイルシステム「EMC DiskXtender」を含むストレージソフトウェア製品に関する販売提携を締結したことを発表した。ネクストウェアは同日より、同ソフトウェア製品群の販売を開始する。

 今回の販売提携で主にフォーカスされるのは、情報量の増加に対処でき、コンプライアンス対応を支援するためのソフトウェア製品群。EMCジャパンが提供するバックアップ&リカバリ/アーカイブソリューションにおける主要製品だ。

 EMCジャパンは、ネクストウェアの販売力を生かし、より幅広い顧客層に同社のソリューションを浸透させたい考えで、ネクストウェアはソフトウェア導入/追加開発から保守までを実行、24時間×365日のサポートも提供する計画だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?