サン、Opteron搭載サーバ向け保守サービスにWindowsメニューを追加

ニューズフロント 2006年02月06日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズは、同社製サーバおよびワークステーション上のWindows向け保守サービス「Sun System Service Plans for Windows OS」を2月10日より提供する。

 このサービスは、AMD Opteronプロセッサ搭載サーバ「Sun Fire X4100」「X4200」「X2100」とWindows Server 2003、もしくはワークステーション「Sun Ultra 20 Workstation」とWindows XP Professionalを組み合わせて利用している顧客に対し、総合的なサポートを提供するもの。具体的な対象OSは、サーバ向けがWindows Server 2003 Standard、もしくはEnterpriseの32ビット版(Service Pack(SP)1以降)と64ビット版(現最新版以降)で、Windows Server 2003 R2については準備が整い次第対応する予定。ワークステーション向けは、Windows XP Professional(SP2以降)とx64 Edition(現最新版以降)。

 サポートを提供する時間帯や場所などに応じ、「プレミアム」「グローバル」「スタンダード」「ベーシック」という4種類のサービスレベルを設ける。たとえば、通常営業時間のみ対応するスタンダードレベルの税別料金は、ワークステーション向けが年額2万8800円、サーバ向けが年額7万2000円となる。

 今回のサービスの追加により、x64製品向け保守サービスの対応OSは、Solaris、Linux(Red Hat/SUSE)、Windowsの3種類となり、サンは「混合環境でも単一窓口でサポート要請が可能となり、顧客の利便性が向上する」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR