ターボリナックス、インディアアクションプランとインドに合弁会社を設立

CNET Japan Staff 2006年02月08日 02時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ターボリナックスは2月7日、臨時取締役会議を開催し、インディアアクションプラン(IAP)とグローバル戦略の新拠点として合弁会社「Turbolinux India Private Limited」を設立することを承認した。

 出資比率はターボリナックスが55%、IAPが45%で、出資額は当初2万7200ルピー(約7000万円)。2006年度内に4500万ルピー(約1億1700万円)まで増資する予定。Turbolinux Indiaは、3月中の会社設立と4月1日事業開始を目指しており、インドニューデリー市郊外のハルヤナ州グルガオン市に本社を設置する計画だ。

 新会社は初年度からの黒字化を目指し、将来的には現地に根付いた会社としてインド市場での上場を視野に入れて活動していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR