IBMとフリースケール、Power Architectureテクノロジーで協力

CNET Japan Staff 2006年02月08日 02時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Freescale SemiconductorとIBMは2月6日、カリフォルニア州サンフランシスコで開催中の「ISSCC(国際固体素子回路会議)」において、今後Power Architectureテクノロジーの進展にフォーカスした協力関係を構築すると発表した。

 またFreescale Semiconductorは、Power Architectureテクノロジー関連のイノベーションを推進する企業で構成されるPower.orgに参加することも発表。同社は、マイクロプロセッサテクノロジー関連企業とのコラボレーションの場としてオープンコミュニティに加入したことになる。

 IBMとFreescale Semiconductorの協力する分野は、「共通の命令セットアーキテクチャの開発」「Power Architectureプロセッサを幅広く対応させるためのイノベーションの開発」「両社のPowerプロセッサロードマップの相互理解」「Power Architecture上でのLinuxの活用」「マーケティングプログラムによるPower Architectureエコシステムの拡大」など。

 民生、産業、自動車、エンタープライズシステム、通信、スーパーコンピュータなどの市場セグメントにおいて、次世代製品にPower Architectureテクノロジーを浸透させることが目的となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!