日立システムとシスコ、セキュリティソリューションで協業

WebBCN (BCN) 2006年02月08日 11時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立システムアンドサービス(日立システム、中村博行社長)は2月7日、シスコシステムズ(黒澤保樹社長)と協業し、セキュリティ脅威管理ソリューションの提供を開始で合意したと発表した。

 今回の協業合意を受け、日立システムではセキュリティ脅威管理ソリューション「CS-MARS」の販売を開始した。「CS-MARS」は米シスコが開発したセキュリティ監視機器「CS-MARS」を使って、セキュリティ脅威の管理を行うソリューション。「不正アクセス情報の相関分析」「異常検出」「被害の拡散防止の自動化機能」などを統合しており、ネットワークへの攻撃を識別や管理、排除できる。

 今後は、不正アクセスを追跡し、証拠能力を保持した分析レポートを作成するソリューションやネットワーク上で不正アクセスが発生した場合の緩和措置、緊急対策を提供するソリューションなど、セキュリティ脅威管理に関するサービスを今後拡大していく計画。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから