シマンテック、アプリケーションパフォーマンス管理ソフト「Symantec i3 7.5」を発表

CNET Japan Staff 2006年02月09日 15時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Symantecは2月6日、アプリケーションパフォーマンス管理ソフトウェア「Symantec i3」(旧称:VERITAS i3)の最新版「Symantec i3 7.5」の販売活動を開始すると発表した。

 最新バージョンのSymantec i3 7.5では、パフォーマンス上の問題検出、原因分析、.NETアプリケーションへの対応、J2EEプラットフォームのプロアクティブな管理が可能になった。また、Sybaseデータベース環境を新たにサポートしている。

 中でも、J2EEアプリケーションのパフォーマンスとアベイラビリティを確保するために、Symantec i3 for J2EEは、IBM WebSphere Portal ServerやBEA WebLogic Portal Server向けのポータルサーバ管理機能をはじめ、カスタマイズ可能なダッシュボード、およびユーザー定義型のJ2EE Instrumentationモード、メモリリーク検出機能などを備えている。

 英語版は、2月24日に出荷を開始する予定で、日本語版の出荷開始は2006年4月を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから