ベルシステム24と日本オラクル、マーケティングソリューションを共同開発

CNET Japan Staff 2006年02月09日 16時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベルシステム24と日本オラクルは2月8日、企業のマーケティング活動を総合的に支援するサービス「PROGRES(プログレス)」を共同で開発したことを発表した。

 PROGRESの情報システム基盤は「PROGRESシステム」と呼ばれ、日本オラクルのウェブマーケティングシステム「Oracle Contact Database(OCD)」をベースに、ベルシステム24が「CMS(Call Management System)」を追加開発した。

 この新システムは、潜在的な見込客を効率的に発見し、ベルシステム24が提唱する「P-P-Cサイクルプラン」を実現できる。P-P-Cは、「Potential」「Prospect」「Customer」の頭文字。潜在客から見込客、そして顧客へと成長させるサイクルを循環させ、顧客を忠誠心の高い「ロイヤルカスタマー」へと育成させるための概念となる。

 この概念では、「顧客とのコミュニケーション力・情報収集力の強化」「顧客接点情報の整備・統合」「情報を有効活用する仕組みづくりと継続的運用」が運用ポイントとなる。

 両社はPROGRESのサービス第1弾として、イベントやセミナーの効果的な運用をサポートする、ASPイベントサポートパッケージ「PROGRESイベント支援ASP」を共同で開発。同日より販売を開始する。集客1000人規模のイベントの場合、価格は約250万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!