ゼンド・ジャパン、PHP統合開発環境「Zend Studio 5.1 日本語版」の販売を開始

CNET Japan Staff 2006年02月09日 19時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゼンド・ジャパンは2月9日、ゼンド直販オンラインショップ「Zend PHP Square」においてウェブシステムに特化したスクリプト言語であるPHPの統合開発環境の最新版「Zend Studio 5.1 日本語版」の販売を開始した。通常パッケージのほかに前バージョンからのアップグレード版も提供する。

 Zend Studio 5.1 日本語版では、エンタープライズ環境での利便性を向上させている。たとえば、Zend StudioとSubversionソースコントロールのシームレスな統合を実現することで、バージョン管理を容易にし、チーム開発の効率を向上させている。また、コード折りたたみ機能の搭載により、展開ボタンによってクラスや関数の宣言文以降を必要に応じて表示することが可能。開発生産性を向上させている。

 価格は、通常パッケージが4万5000円、アカデミックライセンスが2万円 、Zend Studio 3.5からのアップグレードは2万5000円となる(価格はすべて税別)。Zend Studio 4.0からのアップグレードはゼンドのウェブサイトよりの無償ダウンロードとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR