日本テレコム、「ULTINA On Demand Platform」KeyPlatの本格提供を開始

CNET Japan Staff 2006年02月10日 01時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本テレコムと日本オラクルは2月9日、日本テレコムのICTプラットフォームサービス「ULTINA On Demand Platform」KeyPlatの商用サービス提供を同日より本格的に開始したと発表した。

 新サービスは、日本テレコムの通信インフラに、日本オラクルの「Oracle Application Server 10g Release 2」および「Oracle Database 10g Release 2」で構成されるグリッドコンピューティング環境を活用し、ICTプラットフォームを提供するもの。

 オラクル製品の運用/管理には、「Oracle On Demand」が採用され、オラクルのエンジニアが24時間×365日の体制で監視し、オンラインで運用/管理サービスを提供する。一方の日本テレコムは、ネットワークセンターでネットワークを含めたシステム全体を監視、運用、管理する。

 ICTプラットフォームは、「Information and Communication Technology」の略称で、日本テレコムの次世代ネットワークサービス提供の基盤。ULTINAブランドとして展開されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから