レッドハット、より高度なLinux技術認定資格プログラムを3月に開始

ニューズフロント 2006年02月14日 14時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドハットは2月14日、「Red Hat Enterprise Linux」技術認定資格プログラムにおける新たな最上位認定資格「Red Hat Certified Architect(RHCA)」と対応トレーニングコースの提供を3月に開始すると発表した。

 RHCAは、高度なシステム運用および管理技術の習得を望む技術者向けの技術認定資格プログラムだ。これまで最上位としていた「Red Hat Certified Engineer(RHCE)」のレベルを上回る運用、管理、障害解析、セキュリティ対策技術を扱う。また、レッドハットのソフト「Global File System」「Cluster Suite」「Directory Server」「Red Hat Network Proxy/Satellite」と密接に連携していることも特徴という。

 RHCAを取得するには、「エンタープライズセキュリティネットワークサービス」「エンタープライズシステムの導入・運用」「エンタープライズディレクトリサービスおよび認証」「エンタープライズストレージ管理」「エンタープライズシステムの監視とパフォーマンスチューニング」という5つのサブ試験すべてに合格する必要がある。

 サブ試験の税込み価格はそれぞれ9万4500円。対応トレーニングコース(いずれも4日間コース)の税込み価格は以下のとおり。

  • エンタープライズセキュリティネットワークサービス:31万5000円
  • エンタープライズシステムの導入・運用:42万円
  • エンタープライズディレクトリサービスおよび認証:34万6500円
  • エンタープライズストレージ管理:50万4000円
  • エンタープライズシステムの監視とパフォーマンスチューニング:42万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!