アセロスとクアルコム、携帯電話での無線LAN利用に向けて協業

目黒譲二 2006年02月14日 21時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アセロスコミュニケーションズは2月10日、米クアルコムと協業し、アセロスのモバイル機器に特化したワンチップの無線LANソリューション「Radio-on-Chip for Mobile(ROCm)」とクアルコムのチップセット「Mobile Station Modem(MSM)」間での統合運用性を確立することを発表した。

 まずはCDMA2000向けのチップセット「MSM6550」およびW-CDMA向けのチップセット「MSM6280」とROCmとの間で統合運用性の実現を目指す。統合運用性が確立されれば、今後は この結果,アセロスのIEEE802.11a/g対応の無線LANチップ製品とクアルコムのチップセットを組み合わせて、無線LAN接続を利用できる最先端の携帯電話の開発が可能になるとしている。

 両社による協業成果の第1弾として、2月13日よりスペインのバルセロナで開催中の「3GSM World Congress 2006」でデモンストレーションを実施する。なお、商用化は2006年6月を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR