兼松エレクトロニクス、2つの検証センターでIBMシステム製品認定施設認定を取得

CNET Japan Staff 2006年02月15日 03時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 兼松エレクトロニクス(KEL)は2月14日、同社が運営する検証センターである「KCCE/KCCW(KEL Competency Center East/West)」が、日本アイ・ビー・エム(日本IBM)の認定施設「BPIC(Business Partner InnovationCenters)」認定を取得したことを発表した。

 KCCE/KCCWは、KELが提供する最新技術の評価/検証を行う施設。2002年に開設された。KCCEは東京都江東区に設置され、KCCWは大阪市中央区にある。

 BPIC認定は、IBMが定める認定基準(施設条件、技術者スキルレベル、設置機器、ソリューションなど)を満たすことが条件。システム製品(zSeriesとTotalStorage)BPIC認定施設としては国内初の認定取得となる。

 認定後は、BPIC認定証や公式プレートなどの宣伝物ほか、IBMのビジネスパートナー向けウェブサイトを利用したグローバルなIBMビジネスパートナーへの情報発信などを受けることができる。現在、システム製品のBPICに認定されているのは、全世界で51社。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!