富士通、東芝、NECエレの3社、擬似SRAM共通仕様の新版「COSMORAM Rev. 4」を発表

ニューズフロント 2006年02月15日 13時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通、東芝、NECエレクトロニクスの3社は2月15日、モバイル機器向け擬似SRAMインターフェース共通仕様の新版「COmmon Specifications for MObile RAM(COSMORAM)Rev. 4」について合意に達したと発表した。Rev. 4では、新たにダブルデータレート(DDR)バースト機能やショートレイテンシモードの仕様を共通化している。

 3社は擬似SRAMの仕様を共通化し、2002年3月にページモード機能搭載仕様COSMORAM Rev. 1、2003年2月にバースト機能搭載仕様COSMORAM Rev. 2、2004年9月にバースト機能付き仕様COSMORAM Rev. 3という共通インターフェース仕様を発表してきた。

 新版のCOSMORAM Rev.4では、2つのクロック信号の立ち上がりに同期してデータを読み書きすることでデータ転送速度を最大2倍に高速化するDDRバースト機能についての仕様を共通化した。さらに、初期アクセスタイムを従来の約半分に短縮できるショートレイテンシモードの仕様も定め、実行データ転送速度も向上させた。そのほか、容量や電源電圧範囲、コントロール端子の名称および機能、真理値表、モードレジスタの設定方法、ACタイミング規格値の共通化も実施した。

 仕様共通化のメリットについて、3社は「設計基板の共通化による設計期間の短縮や設計効率の向上と、3社による安定した擬似SRAM製品の供給」を挙げる。

 COSMORAM Rev. 4準拠の擬似SRAMは、3社がそれぞれ独自に製造および販売し、2006年度末より利用可能となる予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから