インテル、組み込み用デュアルコア「Core Duo」の2.0GHz版と1.66GHz版を出荷

ニューズフロント 2006年02月15日 14時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インテルは2月15日、組み込み機器向けデュアルコアプロセッサ「インテルCore Duoプロセッサ」の動作周波数2.0GHzモデルと1.66GHzモデルの量産出荷を開始した。1000個ロット時の単価は、2.0GHz版が423ドル、1.66GHz版が316ドル。

 両プロセッサは、内蔵する2つの演算コアでそれぞれ個別にOSを実行できるため、「カスタムアプリケーションの設計がより柔軟になる」(同社)という。拡張版インテルSpeedStepテクノロジーを採用しており、処理負荷に応じて演算コアやキャッシュメモリ、インターコネクトの動作電力を動的に増減させて、電力を管理できる。対応チップセットは、「モバイルインテル945GM Expressチップセット」となる。

 インテルでは「演算処理をマルチスレッド化してデュアルコアのメリットを最大限生かすため」として、コンパイラやパフォーマンスアナライザ、スレッドチェッカなどのソフト開発ツールも用意している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!