サイエンスパーク、4thEye Enterpriseに専用USBキーが利用できる機能を追加

WebBCN (BCN) 2006年02月16日 11時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイエンスパーク(小路幸市郎代表取締役)は、ドライバベースの情報漏え い防止・監視システム「Driverware 4thEye Enterprise」シリーズに専用USBキー「forシリーズ」を利用できる機能を追加した。同機能の追加により、同社 の「4thEye Enterprise」で「for シリーズ」が利 用可能になる。

 「4thEye Enterprise for Basic」では、専用USB キー「iKey」を接続する ことで、リムーバブルディスクの書き込み禁止の解除やPCのシステムロックの 解除、ネットワーク共有フォルダの参照禁止の解除などが行える。

 一方、「4thEye Enterprise for Mobile」では、パスワード認証機能付4thEye専用USBメモリキーを接続することで、専用キー以外のリムーバブルディス クにデータの書き込みなどを禁止することが可能になる。

 また、「4thEye Enterprise for PUPPY」では、ソニー製の記録装置付き指 紋認証デバイス「PUPPY」を4thEyeの専用キーとして利用できるようになった。

 3種類の4thEye専用USBキーは、同じ環境下で併用して利用することもできる ほか、企業の業務形態やセキュリティポリシーに合わせた持ち出しデータの運 用管理も行える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから