ミラクル・リナックス、オープンソースDBから日本オラクル製品への移行を支援

ニューズフロント 2006年02月16日 14時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミラクル・リナックスは2月16日、オープンソースデータベース(DB)から日本オラクル製DBへの移行を支援するコンサルティングサービスを発表した。移行診断やDB設計支援など、5種類のサービスメニューを用意する。

 このコンサルティングサービスでは、WindowsやUnix、Linux上で運用中のMySQLとPostgreSQLから、MIRACLE LINUX V3.0/4.0-Asianux InsideまたはRed Hat Enterprise Linux上のOracle Database10gとOracle9i Databaseへの移行作業について、診断、設計から実際の移行作業まで包括的に支援する。対象プログラミング言語は、Java、PHP、C#となる。

 各サービスメニューの概要と価格は以下のとおり。

  • OSSデータベース移行診断サービス:DB移行に先立ち、DB設計、テーブル設計、移行方式検討を実施する。60万円から
  • ユーザデータ移行サービス:PostgreSQL/MySQL用のアプリケーションを日本オラクル製DB対応とする際に、データ移行を実施する。60万円から
  • ユーザアプリケーション移行診断サービス:PostgreSQL/MySQL用アプリケーションを日本オラクル製DB対応とする場合の影響度を診断する。90万円から
  • OSSデータベース設計支援サービス:将来の日本オラクル製DBへの移行をスムーズにするため、PostgreSQLやMySQLのDB設計とテーブル設計について支援やレビューを実施する。60万円から
  • ユーザアプリケーション設計支援サービス:将来の日本オラクル製DBへの移行をスムーズにするため、PostgreSQL/MySQL用アプリケーションの設計支援やレビューを実施する。90万円から
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから