富士通、1.60GHz版Itanium 2を8個搭載可能なミッドレンジサーバ「PRIMEQUEST 420」

ニューズフロント 2006年02月17日 14時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は2月17日、基幹用IAサーバのミッドレンジモデル「PRIMEQUEST 420」を販売開始した。動作周波数1.50GHzまたは1.60GHzのIntel Itanium 2プロセッサを最大8個搭載できる。プロセッサの最大搭載数を8個に抑えることで小型化した。税別価格は770万円から。

 PRIMEQUEST 420の筐体は、12Uサイズの19インチラックマウントタイプ。ラックマウントタイプとしたことで、各種サーバ、ストレージシステム、ネットワーク機器を同一ラックに収容でき、スペースを効率的に利用できる。また、高密度実装と小型化により、ハイエンドモデルの「PRIMEQUEST 440」と比べ消費電力が約3分の1になった。ただし、ハイエンドモデルと同じハード二重化同期アーキテクチャ「Dual Sync. System Architecture」を採用し、高信頼と高性能を実現したとする。

 チップセットは、富士通の独自開発品。メモリ容量は最大256Gバイト。ハードディスクは2.5型SASを最大584Gバイトまで内蔵可能。PCIスロットは最大18スロットとなる。筐体のサイズは、高さ530mm×幅482mm×奥行き820mm。重さは最大150kgとなる。

 出荷開始時期は、Red Hat Enterprise Linux AS v.4モデルとMicrosoft Windows Server 2003モデルが2006年2月末、Novell SUSE LINUX Enterprise Server 9モデルが2006年4月末。富士通では、2005〜2007年度の3年間に、PRIMEQUESTの全モデル合わせて全世界で1万台の販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?