日立など3社、情報漏えい防止機能付きシンクライアントのレンタルサービス

ニューズフロント 2006年02月17日 18時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所、オリックス・レンテック、日本通信の3社は2月17日、情報漏えい防止機能付きシンクライアント端末のレンタルサービス「FLORA Se210リモートアクセスパック」を発表した。4月1日よりサービスを開始する。

 日立の情報漏えい防止機能付きシンクライアント端末「FLORA Se210」に、無線通信カードや第3世代携帯電話(3G携帯)のデータ通信サービスを組み合わせる。日本通信がデータ通信サービスなどを調達。オリックス・レンテックがサービス主体として、顧客への貸し出し業務などを行う。

 外出先や自宅にシンクライアント端末を設置し、リモートアクセスで会社のパソコンを操作する、といった用途を見込む。

 128bit SSLの通信暗号化機能を提供するほか、USB認証キーとパスワードによる個人認証に対応。なりすましなどによるパソコンへの不正アクセスを防止する。個人認証や通信の暗号化はASPサービスで提供するため、認証、暗号化サーバの設置やシステム構築は不要。導入コストの削減が図れるという。1台あたりの利用料金は、100ユーザーパックで初期費用が7035円、月額利用料が1万7010円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!