日立情報、災害復旧システムの提案や構築から運用、復旧作業までを一括提供

ニューズフロント 2006年02月20日 15時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立情報システムズは2月20日、事業継続計画および災害復旧計画に関するソリューションを一括提供するサービス「@Managehome DRS」の販売を開始した。

 @Managehome DRSは、情報システムの災害対策コンサルテーションを実施し、顧客の必要とする重要度や緊急度、システム規模に適したバックアップシステムを提案する。そのうえで、バックアップシステムの構築から運用、復旧までをワンストップで対応する。停止が許されない重要な業務用システム向けとして、バックアップシステムに即時切り替えが可能なホットサイトも提案できる。

 災害発生時には、日立情報システムズのデータセンターが、システム切り替えから復旧、サービス開始までを担当する。

 初期費用は個別見積もり。税込みの月額費用は、バックアップデータのサイズが1テラバイト以内、契約期間が5年の場合で29万4000円となる。日立情報システムズでは、今後3年間で150社、20億円の販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!