レノボ、ハードウェア製品提供で冬季オリンピックの円滑な運営を支援

CNET Japan Staff 2006年02月21日 07時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Lenovoは2月16日、イタリア・トリノで開催されている「第20回冬季オリンピック」で採用されている同社のPCソリューションが、同日まで全く障害なくすべての競技を支援していることを発表した。

 今回の冬季オリンピックにLenovoは、5000台を超えるデスクトップPC、350台のサーバ、800台のノートブックPCを提供。ほかのITスポンサー各社が提供しているアプリケーションやソフトウェアと共に、競技結果および関連情報の正確かつ迅速な収集、配布、管理を支援している。

 Lenovoはまた、選手村を含む7カ所にノートPC「ThinkPad」およびデスクトップPC合計165台によるインターネットラウンジ「i.lounge」を設置するなどの活動も行っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!