サンとTIS、シンクライアントシステムの構築・運用支援で協業

ニューズフロント 2006年02月21日 17時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TISとサン・マイクロシステムズは2月21日、シンクライアントシステムの提供について協業すると発表した。

 サンが、シンクライアントシステム「Sun Ray Ultra-Thin Client(Sun Ray)」の端末と、サーバ側のハードウェア、ソフトウェアを供給する。TISはSun Rayを自社に導入して蓄積したノウハウをもとに、シンクライアントの構築、運用支援サービスを提供する。

 Sun Rayは動作環境がサンのUNIX OS「Solaris」で、企業が導入する際、Windowsシステムなどと共存を図るためのノウハウが必要となる。このため、TISはまず自社で導入してノウハウを蓄積し、その後自社の実績をベースにシステムの構築ノウハウを顧客に提供する。

 TISは2005年6月から9月までSun Rayを試験的に自社に導入し、セキュリティの強化とTCO(Total Cost of Ownership)の削減が図れると判断した。今後、TISは2006年12月までに約300台のSun Ray端末を導入。その後順次規模を拡大し、最終的に全社でSun Rayを運用する。

 導入後は、Sun RayとTISのデータセンター・サービスなどを組み合わせ、顧客企業に提案する。基本設計の検討のほか、ユーザー認証機能やサーバ資産の統合や分離を支援。システムのデータ量にあわせたネットワークの再構築などにもノウハウを提供する。TISでは2007年3月までに5億円の売上げを目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!