フラクタリストとソフィアシステムズ、Linux搭載ワイヤレスIPフォン開発キットを提供

CNET Japan Staff 2006年02月22日 08時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フラクタリストは2月21日、ソフィアシステムズの協力を受け、機器メーカーがワイヤレスIPフォンを短期間で開発するためのパッケージ「NomadicNode IP Phone」を開発したことを発表した。2006年3月より販売を開始する。

 NomadicNode IP Phoneは、フラクタリストが提供するネット型機器連携統合プラットフォーム「Nomadic Node」をベースに開発されたソフトウェア。ソフィアシステムズが提供する、インテルのPXA270プロセッサ搭載VoIP携帯端末向けのリファレンスボード「SandGateII-P」上に、組込み機器向けのLinux OSをポーティングし、FMC(Fixed Mobile Convergence)を想定した各種ミドルウェア群を搭載したことで、開発全体の期間を短縮できるという。

 第1弾として「NomadicNode IP Phone/Basic Package」の提供を開始し、半年をめどにNomadic Nodeをベースとしたアプリケーション/ミドルウェアを拡充したパッケージを順次リリースしていく予定。両社は今後、共同でプロモーション活動を行っていくことに合意している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!