NEC、マンダリンオリエンタル東京のIP電話システムを構築

CNET Japan Staff 2006年02月22日 08時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECおよびNECネクサソリューションズは2月21日、マンダリンオリエンタル東京において、IP電話システムを中心とするブロードバンド基盤を構築したことを発表した。規模は、179室の全客室と業務用あわせて1300回線。

 このIP電話システムは、NEC製のSIP対応テレフォニーサーバ「UNIVERGE(ユニバージュ)SV7000」を中核としたブロードバンド基盤によって構築されている。同ホテルは、この基盤を活用し、全館無線LAN接続、客室内高速インターネット接続、ビデオオンデマンドなどのサービスも提供している。

 システムの詳細は、UNIVERGE SV7000を核として、ホテル客室用IP電話機「ITR-4D」および業務用IP電話機「IPterm85」など、IP電話機を約650台導入。マルチレイヤスイッチ「UNIVERGE IP8800/S302」と無線LANシステムでブロードバンド基盤を構築した。

 同システムでは、セキュリティにも気を配っており、顧客サービス用のネットワークと業務用のネットワークはファイヤウオールで分断し、VLAN技術を採用して音声、データ、無線LAN、映像配信の各種メデイアを論理的に分離している。さらに、客室ごとのセキュリティ強化にIsolate-VLANの技術が採用されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから