日本オラクル、SAP製品と連携可能なミドルウェア「Fusion Middleware for SAP」

ニューズフロント 2006年02月22日 15時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは2月22日、SAP資産を活用することが可能なミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware for SAP」の提供を2月末に開始すると発表した。税込み価格は、1プロセッサ当たり787万5000円または1指名ユーザー当たり15万7500円とする。

 Oracle Fusion Middleware for SAPは、BPEL準拠のビジネスプロセス連携プラットフォーム「Oracle BPEL Process Manager(BPEL PM)」、GUIで操作可能なビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Oracle Business Intelligence Discoverer」、主要業績評価指(KPI)やサービスレベル契約(SLA)などビジネス上の指標をリアルタイムに監視するツール「Oracle Business Activity Monitoring」といったモジュールで構成する。

 さらに、SAPシステムとの連携を可能とするソフトモジュール「SAP Adaptor」により、インターフェースを開発することなく既存SAPシステムとその他システムの統合が実施できる。その結果、統合プロジェクトのコスト削減や期間短縮につながり、トレーニングや保守に必要なコストも減らせる。

 日本オラクルでは「Oracle Fusion Middleware for SAPを利用すると、SAPユーザーは既存の資産を最大限に活用しながら、SAP R/3環境をサービス指向アーキテクチャ(SOA)化できる」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?