システムとプロジェクトの“見える化”を世界に発信するチェンジビジョン

山下竜大(編集部) 2006年02月22日 18時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 豆蔵および永和システムマネジメントは2月22日、企業、組織、システム開発プロジェクトの“見える化”を実現するソリューションを提供することを企業コンセプトとした新会社「株式会社チェンジビジョン」を設立した。

 チェンジビジョンは、これまで豆蔵が開発していたシステム開発プロジェクト見える化ツール「TRICHORD(トライコード)」と永和システムマネジメントが提供してきたモデリングツール「JUDE(ジュード)」の開発、販売を目的とした会社。TRICHORDとJUDEを活用することで、ソフトウェア開発を“見える化”し、同コンセプトを世界に向けて発信することを目指している。

チェンジビジョンの社名の由来を紹介する平鍋氏。

 チェンジビジョンの代表取締役社長である平鍋健児氏は、「チェンジビジョンという社名には、“見える化”を実現する革新的なビジョンを実践することで、顧客のビジネスを変化させていくことはもちろん、我々自身も変化し続けるという思いが込められている」と話す。

 同社が開発中のTRICHORDは、時間、事象、人のデータから、「かんばん」「バーンダウンチャート」「パーキングロット」などのプロジェクト可視化ビューを生成し、プロジェクトの“見える化”を実現するためのツール。プロジェクトの進捗や障害など、分散管理されている情報を集約することで効率的なプロジェクト管理を実現する。

 TRICHORDは、基本機能を提供する「TRICHORD core」のコミュニティリリースが2006年第1四半期に提供されるほか、2006年第3四半期にTRICHORD coreの製品版が、2006年第4四半期に各種ツールと連携できる「TRICHORD Tools」の製品版がリリースされる予定だ。  一方、JUDEは、エンジニアの思考を支援する機能により、ソフトウェア開発や業務の“見える化”を実現するためのツール。ひとつのプラットフォーム上に、UMLやMindMapなどの機能を搭載することができるほか、外部アプリケーションとの連携が可能なAPIを提供する。

JUDEでは、MindMapからユースケース図を生成することもできる。

 2006年第1四半期にはMindMapの機能を単体で提供する「Jude/Think(仮称)」が出荷される予定のほか、2006年第2四半期にはビジネスプロセスモデリング表記(Business Process Modeling Notation:BPMN)の機能を単体で提供する「JUDE/Biz」も提供される予定。これらの機能により、要求開発や要件定義、日本版SOX法を含む内部統制などの“見える化”も実現できるという。

 「よくソフトウェア開発は難しいという話しを耳にするが、これはソフトウェア開発が見えないためだ。見えなければ、気づかないし、解決できないし、変えることはできない。そこでTRICHORDとJUDEにより、ソフトウェア開発の状況を常に見えるようにし、ソフトウェア業界を革新することがチェンジビジョンの最大のビジョンだ」(平鍋氏)

 チェンジビジョンでは初年度に、1億2000万円の売り上げを見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから